コサック・シュチュツカ(読み)こさっくしゅちゅつか(英語表記)Zofia Kossak-Szczucka

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コサック・シュチュツカ
こさっくしゅちゅつか
Zofia Kossak-Szczucka
(1890―1968)

ポーランドの女流小説家。カトリック系作家として知られる。有名な芸術家・画家の家系コサックの出。『炎(ほのお)』(1922)でデビューし、とくに歴史小説の分野で成功、多くの作品を残した。『十字軍の騎士』(1935)が代表作。第二次世界大戦中は逮捕されてアウシュウィッツ収容所にあり、戦後のスターリン体制下ではイギリスに亡命していたこともある。[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android