コショウボク(英語表記)pepper tree

翻訳|pepper tree

世界大百科事典 第2版の解説

コショウボク【pepper tree】

ウルシ科の常緑高木で高さ5~15mとなり,は下垂する(イラスト)。アンデス山脈熱帯域が原産地。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ約25cm。多数の小葉は互生し,線状狭披針形で長さ3~6cm,幅3~9mm。花は雌雄異株,頂生の円錐花序はやや下垂し長さ8~20cm。白色花弁は鈍頭状円形で長さ2.5~3mm。花糸は扁平で雄花では長さ1.5mmと8mmと交互している。果実光沢のある赤色でエンドウ豆大,多数が房状になり,美しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコショウボクの言及

【シキミモドキ】より

…最も原始的な被子植物とされることの多い東南アジア熱帯高地のモクレン目シキミモドキ科の植物。高さ1~5mの常緑の木本植物。つぼみはカリプトラという帽子状に変形した萼におおわれている。心皮は1枚の葉が中肋を折り目に内側に畳まれた状態を示し,めしべの最も原始的な状態を示すとの説がある。モクレン目のデゲネリアとは違っておしべは比較的細い。 モクレン目は一般に植物体に精油を含み,材を傷つけたり葉をもむと香ったり,花に強い芳香がある。…

※「コショウボク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android