コスティエンキ遺跡群(読み)コスティエンキいせきぐん(英語表記)Kostienki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシアのドン川中流域の段丘上にある後期旧石器時代遺跡群。 20ヵ所の遺跡が集中しており,このなかには層位関係の明らかな遺跡も含まれていて,東ヨーロッパの後期旧石器文化の研究上,最も重要な遺跡群である。これらの遺跡のなかで最も新しい文化は,東グラベット文化の発展型であるパブロフ文化で,骨製の多数のいわゆるビーナス像,骨偶などを伴っており,典型的なパブロフ文化の様相を呈している。中層のものは東グラベット文化の様相をみせている。最下層のものはムスティエ文化から発展したことを示す尖頭器が特徴的である。またこの遺跡群では,後期旧石器時代の竪穴住居址も発見されている。これらにはが4~6mの円形のものと長径 30mに及ぶ隅丸長方形のものとがある。さらに埋葬された人骨も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android