コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトラス Kotlas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトラス
Kotlas

ロシア北西部,アルハンゲリスク州の都市。州都アルハンゲリスクの南東約 500km,ブイチェグダ川北ドビナ川へ流入する地点に位置する。北ドビナ川水系の主要河港であるとともに,鉄道交通の要地で,ボログダ-コノシャ-ボルクタ線とキーロフから北上する路線との交点にあたるため,重要な貨物積替え地点となっている。おもにペチョラ炭田からの石炭が鉄道から船へ,木材が川から鉄道へ積替えられる。製材,パルプ・製紙,木材加工,造船などの工業がある。人口6万 8900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コトラスの関連キーワードキーロフ(ロシア連邦)コミ(ロシアの地名)スイクトゥイフカル北ドビナ[川]ソスノゴルスクコミ共和国シャリヤーコリャジマペチョラインタウフタ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android