コト・ディジ遺跡(読み)コト・ディジいせき(英語表記)Kot Diji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コト・ディジ遺跡
コト・ディジいせき
Kot Diji

パキスタンのインダス川流域にあり,モヘンジョ・ダロの東約 90kmに位置する先史遺跡。 1955年よりパキスタン考古局によって発掘が行われ,16の層位が確認された。上方1~3層はモヘンジョ・ダロ,ハラッパー文化に対比され,4層以下のものは,ハラッパー文化に先立つ文化とされ,コト・ディジ文化と名づけられた。この文化の年代はハラッパー文化が前 2500年頃と考えられるところから,アムリ文化と並行関係にあると思われる。また,この文化に属する建物は,主として平屋の泥煉瓦造で,城壁によって区切られた区画と,その外側とに分れている。土器は波状,鱗状の彩文土器が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android