コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コドリンガ codlin moth

世界大百科事典 第2版の解説

コドリンガ【codlin moth】

鱗翅目ハマキガ科の昆虫。果実,とくにリンゴの大害虫として恐れられている。英名も熟していないリンゴにつくということによる。幼虫はリンゴの種子や芯の周囲の果肉を食べ,老熟すると蛹化(ようか)するためリンゴから離れる。近くに置いてある砂糖や小麦粉の中で見いだされることがあり,そこで羽化することもある。北アメリカでは,ナシ,野性のサンザシ,クルミなどに幼虫が寄生することが見いだされている。ほとんど世界中のリンゴ栽培地に広がっているが,幸いにも日本にはまだ侵入していない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コドリンガの関連キーワード不妊虫放飼法植物検疫心食虫

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コドリンガの関連情報