コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コドリンガ codlin moth

1件 の用語解説(コドリンガの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コドリンガ【codlin moth】

鱗翅目ハマキガ科の昆虫。果実,とくにリンゴの大害虫として恐れられている。英名も熟していないリンゴにつくということによる。幼虫はリンゴの種子や芯の周囲の果肉を食べ,老熟すると蛹化(ようか)するためリンゴから離れる。近くに置いてある砂糖や小麦粉の中で見いだされることがあり,そこで羽化することもある。北アメリカでは,ナシ,野性のサンザシクルミなどに幼虫が寄生することが見いだされている。ほとんど世界中のリンゴ栽培地に広がっているが,幸いにも日本にはまだ侵入していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone