コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナカゲロウ(粉蜻蛉) コナカゲロウdustywing

世界大百科事典 第2版の解説

コナカゲロウ【コナカゲロウ(粉蜻蛉) dustywing】

脈翅目コナカゲロウ科Coniopterygidaeに属する昆虫の総称。脈翅目中もっとも小さく翅の開張3~10mm。体や翅は白色の蠟質物で覆われ,半翅目コナジラミと誤認されやすい。翅脈も退化していて,扁翅亜目の中では特異なグループである。極地を除く世界中に広く分布し,240種が知られ,日本からは5種が記録されている。成虫の発生期は種により異なるが4~10月におよび,おもに松柏類,常緑カシ類に見いだされ,シロコナカゲロウSemidalis albata(イラスト)は初夏に生垣のカイヅカイブキに多数発生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android