コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニアテス コニアテスChōniatēs, Michaēl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニアテス
Chōniatēs, Michaēl

[生]1138頃.フリュギア,コナイ
[没]1222頃.テルモピュレ付近
ビザンチンの文人。コンスタンチノープルエウスタチオスについて学び,1182年にアテネの府主教となった。作品としては説教集,書簡,若干の詩があり,特に当時のアテネの状態を描いた詩は名高い。歴史家として知られるニケタス・コニアテス (1150頃~1213) は実弟である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コニアテスの関連キーワードアクロポリテス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android