コネティカット[州](読み)コネティカット

百科事典マイペディアの解説

コネティカット[州]【コネティカット】

米国,ニューイングランドの州。略称Conn.,CT。中央部をコネティカット川が南北に貫流,ロング・アイランド湾に注ぐ。丘陵地が多い。農業を主とし,タバコ産地として知られ,酪農,養鶏が盛ん。ジェットエンジンヘリコプター,事務機器などの工業も行われる。イェール大学をはじめ各種高等教育機関が多く,州民の生活水準は全米の上位にある。1634年前後から最初の植民,1639年世界最初の成文憲法とされる基本法を制定。1776年の独立13州の一つ。州歌は《ヤンキー・ドゥードル》。州都ハートフォード。1万2542km2。359万6677人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コネティカット[州]【Connecticut】

アメリカ合衆国北東部,ニューイングランドの州。略称Conn.。独立13州の一つ。面積1万2973km2で,3番目に小さい。人口327万(1996)。州都はハートフォード,最大都市はブリッジポート。東部と西部の丘陵地にはさまれてコネティカット河谷が南北にのび,ここを中心にタバコ,野菜,リンゴ,牧草栽培や酪農が行われてきた。しかし,19世紀に入って繊維工場の立地によって工業化がすすみ,農業の重要性は著しく減じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコネティカット[州]の言及

【アメリカ合衆国】より

…これに次ぐ10年間に聖職者を含むピューリタンが多数渡来,発展の基礎をつくった。この間マサチューセッツから分かれた人々によりコネティカット,ロード・アイランド両植民地が設立され,やがて北部にはニューハンプシャー植民地がつくられた。独立革命当時は上記4植民地であったが,建国後に州と認められたバーモント(1791),メーン(1820)2州を加えて,現在のニューイングランド6州が成立した。…

※「コネティカット[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android