コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノドント類 コノドントるいconodonts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノドント類
コノドントるい
conodonts

長い間所属不明とされていた歯状を呈するリン酸カルシウムから成る微化石カンブリア紀から三畳紀まで産出し,地質時代の進行に伴い形態変化が著しいので示準化石として有効。 1969年にアメリカ,モンタナ州の石炭系から,コウラナメクジに似た体長 7cmの動物体に 20個ほどの集合体をもった化石が発見されたが,これはのちにコノドントを食べた動物であると結論された。コノドント類は脊椎動物の直系の先祖であると推定されている。原索動物のホヤやナメクジウオに近縁と思われるが,異論もあって,脊椎動物進化史上問題を残している。近年では,円口類 (魚類) と類縁の原始的魚類のそしゃく器官であるとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コノドント類の関連キーワード古生代

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android