コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハク酸デヒドロゲナーゼ

1件 の用語解説(コハク酸デヒドロゲナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コハク酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.3.5.1].コハク酸脱水素酵素ともいう.FADを補酵素としてコハク酸を酸化する酵素で,ミトコンドリアの内膜にあり,クエン酸回路,呼吸鎖の構成酵素

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコハク酸デヒドロゲナーゼの言及

【オキサロ酢酸】より

…またアスパラギン酸からトランスアミナーゼの作用によっても生成する。コハク酸(クエン酸回路の3段階前の物質)の酸化を触媒するコハク酸デヒドロゲナーゼを拮抗阻害する。【柳田 充弘】。…

※「コハク酸デヒドロゲナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コハク酸デヒドロゲナーゼの関連キーワード乳酸脱水素酵素アルギニノコハク酸アルギニノコハク酸血症アルギノコハク酸グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素グルタミン酸脱水素酵素ケト酸脱水素酵素コハク酸チオキナーゼコハク酸脱水素酵素ピルビン酸脱水素酵素

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone