コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバノイシカグマ Dennstaedtia scabra (Wall.) Moore

2件 の用語解説(コバノイシカグマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コバノイシカグマ【Dennstaedtia scabra (Wall.) Moore】

本州以南の暖地の林内に多いコバノイシカグマ科の多年生シダ植物イラスト)。葉は細かく切れこみ,長さ30~100cm,幅15~35cm,全体にまばらに毛がある。若い葉柄は赤褐色で,若芽の時期には美しい。胞子囊群は葉縁に生じ,コップ状の包膜につつまれる。暖帯上部の林床や傾斜地に多いが,亜高山帯に達することもある。寒い地方では冬に地上部が枯れる。東南アジアからインドにかけて広く分布している。近縁種にイヌシダがあり,石垣などに多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバノイシカグマ
こばのいしかぐま
[学]Dennstaedtia scabra (Wall.) Moore

イノモトソウ科の常緑性シダ。短い根茎から3回羽状に分裂した三角状披針(ひしん)形の葉を出す。裂片は長楕円(ちょうだえん)形で粗毛が生え、鋸歯(きょし)の先端の杯状の包膜中に胞子嚢(ほうしのう)群がある。関東以西の暖地に分布する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コバノイシカグマの関連キーワード足高蜘蛛黒鷺剣先烏賊高麗芝言葉の林沢小車大鷺暖地無葉蘭犬羊歯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone