コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミノ島 コミノトウ

1件 の用語解説(コミノ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コミノ‐とう〔‐タウ〕【コミノ島】

Kemmuna》地中海中央部の島国、マルタ共和国の島。マルタ島ゴゾ島の間にある面積3.5平方キロメートルの小島。名称はかつて香辛料クミンが栽培されたことにちなむ。中世に海賊の拠点になったほか、マルタ騎士団の猟場として利用された。属島のコミノット島との間の浅瀬はブルーラグーンとよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コミノ島の関連キーワードゴゾ島イムジャール騎士団施療院コミノット島スリエマチェルケウアマルサシュロックマルサルフォルンマルタ島

コミノ島の関連情報