コミノ島(読み)コミノトウ

デジタル大辞泉「コミノ島」の解説

コミノ‐とう〔‐タウ〕【コミノ島】

Kemmuna》地中海中央部の島国マルタ共和国の島。マルタ島ゴゾ島の間にある面積3.5平方キロメートルの小島。名称はかつて香辛料クミンが栽培されたことにちなむ。中世海賊の拠点になったほか、マルタ騎士団の猟場として利用された。属島のコミノット島との間の浅瀬ブルーラグーンとよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android