コムラサキ(小紫)(読み)コムラサキ(英語表記)Callicarpa dichotoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コムラサキ(小紫)
コムラサキ
Callicarpa dichotoma

別名コシキブ。クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。日本,朝鮮半島,中国などに分布する。樹高は1~2m。葉は長楕円形で,対生する。葉腋から1~4mmほど上に集散花序をつける。花は藤色で,果実は鮮かな紫紅色。白実の変種も流通する。長い枝は,しだれるように湾曲する。一般にムラサキシキブの名で流通するが,ムラサキシキブは近縁の別種。ムラサキシキブは葉腋に花序をつけ,コムラサキのように枝がしならない。日当りと水分に富む土壌を好む。乾燥に弱いため,鉢植えの場合は水切れに注意。特に病虫害の心配はない。放任してもよく育つが,丈を高くしたくない場合は冬期に枝を切戻す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android