ムラサキシキブ

百科事典マイペディアの解説

ムラサキシキブ

ミムラサキとも。クマツヅラ科の落葉低木。北海道〜九州,東アジアの山野にはえる。葉は対生し,楕円形で,縁には鋸歯(きょし)がある。6〜7月,葉腋から短い集散花序を出し,多数の花を開く。花冠は長さ3〜5mm,淡紫色で先は4裂。果実は球形で10〜11月,紫色に熟す。近縁種のコムラサキは,湿地にはえ,葉が小さくて鋸歯は上半部に限られ,花序が葉腋より少し上部につくことなどで区別される。ムラサキシキブといって庭園に植えられるのは,ほとんどがこのコムラサキである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキシキブ【Japanese beauty‐berry】

山地に生えるクマツヅラ科の落葉低木(イラスト)。和名は美しい果実を才媛紫式部の名を借りて美化したものだろう。幹は高さ1.5~3m,小枝は円くて斜上し,若いときは粉状の星状毛がある。葉は対生し,長楕円形で鋸歯があり,基部はくさび形で短い葉柄がある。花は淡紫色で,6~7月ころ,葉腋(ようえき)から出る柄のある集散花序につき,径約5mm。花冠は鐘形で先は4裂し,4本のおしべと1本の花柱がつき出ている。果実は球形で秋に美しい紫色となり,鳥に食べられて種子を散布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキシキブ
むらさきしきぶ / 紫式部
[学]Callicarpa japonica Thunb.

クマツヅラ科の落葉低木。葉は対生し、楕円(だえん)形または長楕円形で長さ6~12センチメートル、両端はとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、裏面に淡黄色の腺点(せんてん)がある。6~7月、葉の付け根またはすこし上に集散花序をつくり、小さな淡紫色花を多数開く。花冠は4裂し、雄しべと雌しべは花冠から飛び出す。果実は小球形で10~11月、紫色に熟して美しい。山野に普通に生え、北海道南西部から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。変異が多く、シロシキブは果実が白い。変種オオムラサキシキブは葉と花序が大きく、南日本の海岸近くに生える。庭木、切り花とし、幹は道具の柄(え)、杖(つえ)、箸(はし)などに使う。ムラサキシキブ属は熱帯、亜熱帯を中心に約100種ある。[小林義雄]

文化史

一般には『源氏物語』の作者紫式部とのつながりを思われているが、直接の関係はない。いけ花では江戸時代から使われ、『立華正道集(りっかしょうどうしゅう)』(1684)や『抛入花伝書(なげいればなでんしょ)』(1684)には実紫(みむらさき)の名で載る。後者は「植木売は紫式部といふ」と、ムラサキシキブの名が、商売上の美飾名から広がったことを示す記述がある。『大和本草(やまとほんぞう)』(1709)は、玉むらさきとして、紫しきみ、小紫の方言もあげる。この「しきみ」を敷実(しきみ)あるいは重実(しげみ)や茂実(しげみ)の転訛(てんか)とみて、紫敷実か紫重実(茂実)からムラサキシキブの名が由来したとする説もある。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムラサキシキブの関連情報