コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリジョン こりじょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コリジョン

Ethernetの媒体アクセス制御方式であるCSMA/CDにおいて、双方のホストからほぼ同時にデータが送出されることによって発生する信号衝突現象。信号が衝突すると、異常な電気信号が発生するためにデータが破損してしまう。送信を試みたデバイスは、コリジョンによって発生した異常信号を検出すると、他のデバイスに送受信の中止を要求する信号(ジャム信号)を送出し、伝送路が回復してから再送信を行なう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コリジョンの関連情報