コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリジョン こりじょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コリジョン

Ethernetの媒体アクセス制御方式であるCSMA/CDにおいて、双方のホストからほぼ同時にデータが送出されることによって発生する信号衝突現象。信号が衝突すると、異常な電気信号が発生するためにデータが破損してしまう。送信を試みたデバイスは、コリジョンによって発生した異常信号を検出すると、他のデバイスに送受信の中止を要求する信号(ジャム信号)を送出し、伝送路が回復してから再送信を行なう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コリジョン(collision)

自動車や航空機などの衝突。「コリジョンコース」
LANなどのコンピューターネットワークで、一つの伝送路上に複数の端末から同時にデータ送信を行った場合に発生する衝突。多発すると通信に遅延が生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コリジョンの関連キーワード100BASEトークンパッシングクラス1リピーターコリジョンドメインフローコントロールフレーム間隔時間Ethernetコリジョンルールコリジョンコースハートビート信号トークンリングジャミング信号リピーターハブ2.4GHz帯衝突ドメイン半二重通信衝突ルールフロー制御ハッシュ法10GbE

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コリジョンの関連情報