コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリャーク山脈 コリャークさんみゃくKoryakskoe nagor'e

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャーク山脈
コリャークさんみゃく
Koryakskoe nagor'e

ロシア北東部,チュクチ自治管区カムチャツカ地方にまたがる山脈。アナドゥイリ湾南西岸から南西に,ベーリング海にほぼ沿ってカムチャツカ半島基部まで約 880kmにわたって延びる。幅は最大 270km。標高 600~1800mのところが多く,最高峰は中部にあるレジャナヤ山(2562m)。多くの雁行する短い山脈によって形成される。主として砂岩,頁岩からなり,地下からの噴出物もみられる。山地ツンドラ地帯に入り,高峰には氷河が発達している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コリャーク山脈の関連キーワードカムチャツカコリャーク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android