コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルク組織 コルクそしきcork tissue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルク組織
コルクそしき
cork tissue

細胞壁にコルク質を沈着した植物組織。コルク質の主成分はスベリン (木栓質) である。茎あるいは根の皮層に生じたコルク形成層から,内外に向って細胞分裂により新しい層がつくりだされるが,そのうち外側に向けての,より量の多い組織がコルク組織であり,内側に生じるものはコルク皮層という。コルクを沈着した細胞壁は薄いことも多いが,コルクガシなどでは壁も肥厚し,全体としても著しく厚い層となるので,加工してコルク製品に利用される。コルクは水を通さず,軽く,弾力があるが,これはスベリンの性質によるほか,細胞の死滅したあとの細胞壁が空気を含んだ無数の小室としてコルク組織を形成しているからである。 R.フックは,この小室を顕微鏡で観察して,最初に細胞 cell (小室の意味) の名を与えた (1665) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルク‐そしき【コルク組織】

コルク形成層でつくられ、細胞壁にスベリンという物質が加わって生じたコルク細胞の集まり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コルクそしき【コルク組織】

コルク形成層の細胞分裂によって、その外側にできたコルクの厚い層。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコルク組織の言及

【コルク】より

…保冷庫の断熱材,卓球のラケット,靴底など用途は広い。日本の樹木ではとくにアベマキQ.variabilisが発達したコルク組織をもつ。日本では使用量のすべてをポルトガルなどから輸入している。…

※「コルク組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルク組織の関連キーワードサブエリナイト組織(生物)分裂組織コルク化二次組織呼吸根気根落葉離層樹皮葉痕皮目

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android