コルチェスター(英語表記)Colchester

デジタル大辞泉の解説

コルチェスター(Colchester)

英国イングランド南東部、エセックス州の都市。古代ローマ人がグレートブリテン島で初めて支配の拠点とした地であり、大プリニウスが記した英国最古の町として知られる。古代ローマ時代に神殿が築かれたが、ブリトン人のボアディキア女王が反乱を起こし破壊した。11~12世紀にはウィリアム1世が神殿跡にコルチェスター城築造。城壁に囲まれた旧市街には、ビクトリア朝時代に建てられた市庁舎や給水塔、自然史博物館、ホリーツリー博物館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コルチェスター【Colchester】

イギリス,イングランド南東部,エセックス州北東部にある歴史的都市。人口14万9000(1993)。市名は〈コーン河畔のローマ軍兵営〉を意味する。コーン川下流に位置し,肥沃な農業地帯の中心をなし,穀物家畜市場がある。またバラなどの花卉(かき)栽培のほか,製粉農業機械などの工業もみられる。紀元43年ローマ皇帝クラウディウスがこの地に植民都市を建設。中・近世には港湾都市として,またフランドル人移民による毛織物業地として成長し,1189年に自治都市となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android