コルチコイド(英語表記)corticoid

栄養・生化学辞典の解説

コルチコイド

 コルチコステロイドともいう.副腎で作られ分泌されるステロイドホルモンの総称.グルココルチコイド糖質コルチコイド),ミネラルコルチコイド鉱質コルチコイド),および副腎性ホルモンとよばれる3グループのホルモン群からなる.グルココルチコイドは,コルチゾールコルチゾン,コルチコステロンなどがあり糖新生,抗炎症作用などの活性がある.ミネラルコルチコイドの代表的なものはアルドステロンであるが,活性の強弱はあってもグルココルチコイドはミネラルコルチコイドの作用をもちグルココルチコイドもミネラルコルチコイドの作用を示す.性ホルモンにはアンドロステンジオン,デヒドロアンドロステロン,11-βヒドロキシアンドロステンジオン,プロゲステロン,エストラジオール17-βなどがある.レセプターは核受容体ファミリーに属する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コルチコイド【corticoid】

副腎皮質ホルモン、および類似の作用をもつ化学合成物質の総称。コルチコステロイド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコルチコイドの言及

【副腎皮質ホルモン】より

…副腎皮質から生成・分泌されるステロイドホルモンの総称で,同じ作用をもつ合成物質を含めてコルチコイドcorticoidまたはコルチコステロイドcorticosteroidともいう。副腎皮質ホルモンには,糖質コルチコイド(グルココルチコイドglucocorticoid)であるコルチゾール,コルチゾン,鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイドmineralocorticoid)であるアルドステロン,副腎性アンドロゲンであるデヒドロエピアンドロステロン,アンドロステンジオンなどがある。…

※「コルチコイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android