コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルトス コルトスKolluthos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルトス
Kolluthos

5世紀のギリシアの叙事詩人。ノンノスの作風を模した小叙事詩『ヘレネの誘拐』が伝わっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルトス【Kollouthos】

5世紀末のギリシアの詩人。生没年不詳。エジプト出身で数編の長詩を書いたと伝えられるが,残っているのは《ヘレネの略奪》394行だけである。トロイア戦争の発端にあたるペレウスの結婚から,パリスによりヘレネが誘拐されてトロイアに到着するまでを扱っている。ホメロス以来の伝統的な叙事詩の形式によっているが言語は洗練されていない。古代末期の擬古文的な詩の傾向を示す好例となっている。【引地 正俊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルトスの関連キーワードバシコルトスタン自然保護区バシコルトスタン[共和国]バシキール(ロシアの地名)オクチャーブリスキーオクチャブリスキーボルガ・ウラル油田バシキール(民族)北カザフスタン州バシコルトスタンステルリタマクボチャーク語ブコフスキートルコ系諸族バシキール語トゥイマズイバシキール族チェレミス語マジャール人エルモラエボタタール語

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android