コレオグラフィー

百科事典マイペディア「コレオグラフィー」の解説

コレオグラフィー

舞踊振付。もとは踊りステップの記録の。振付を記録・保存する記号も考えられ,ラバン舞踊譜ラバノーテーション)はその代表的なもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「コレオグラフィー」の解説

コレオグラフィー

〘名〙 (choreography) バレエなど、舞踊の振りつけ。また、構成。コリオグラフィー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コレオグラフィー」の解説

コレオグラフィー(choreography)

コリオグラフィー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコレオグラフィーの言及

【バレエ】より

…演劇的な舞踊,舞踊劇ともいわれるようなものを指し,劇場的な舞台舞踊である。演劇がせりふによって進行するのに対し,せりふの代りに舞踊およびミーム(マイム)によって進行する劇をいう。一貫した筋があり,2人以上の登場人物をもち,その登場人物が何かの役にふんし,したがってその役の要求する衣装を着し,舞台装置をもった劇で,せりふをいっさい排して舞踊だけによって構成されるものである。ふつう,ダンスといわれるものとの相違は,ダンスがひじょうな広範囲なものを意味し,観客を予想しない民俗舞踊や原始舞踊などをもいっさい含めているのに対して,バレエは初めから観客を意図し,劇場のためのものである点にある。…

【振付】より

…これを専門的に行う者を振付者または振付師という。英語ではコレオグラフィーchoreographyというが,これはもともとは舞踊の記譜法を示す言葉で,1700年にフランスのフイエRaoul‐Auger Feuillet(1660ころ‐1710)とボーシャンPierre Beauchamp(1636‐1705)が自らの記譜法を〈choréographie〉と称して発表したのに由来する。その後も舞踊記譜法はさまざまなものが考案され振付が記録された。…

※「コレオグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android