コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレギウム・アウレウム Collegium Aureum

1件 の用語解説(コレギウム・アウレウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コレギウム・アウレウム【Collegium Aureum】

ドイツの室内合奏団で,オリジナル楽器を用いた演奏で知られる。1964年ハルモニア・ムンディ社のための録音団体としてマイヤーF.Maierによって組織された。バロックおよび古典派の作品をレパートリーとし,楽器,奏法など時代様式にふさわしい演奏をめざしている。その音色は地味であるが深い味わいがあり,代表的な作品としてはバッハの《ブランデンブルク協奏曲》や《フーガの技法》,ヘンデルの《オルガン協奏曲》などがあるが,70年代後半からベートーベンなどの作品もその演目に加えるようになり,交響曲《英雄》(1803‐04)を当時の編成規模で演奏した例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コレギウム・アウレウムの関連キーワードオリジナルオリジナルプリントオリジナルプログラムオリジナリティーオリジナルシナリオトリオソナタオリジナルカロリーオリジナルTシャツ統一ドイツオリジナル設計

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone