コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレギウム・アウレウム Collegium Aureum

1件 の用語解説(コレギウム・アウレウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コレギウム・アウレウム【Collegium Aureum】

ドイツの室内合奏団で,オリジナル楽器を用いた演奏で知られる。1964年ハルモニア・ムンディ社のための録音団体としてマイヤーF.Maierによって組織された。バロックおよび古典派の作品をレパートリーとし,楽器,奏法など時代様式にふさわしい演奏をめざしている。その音色は地味であるが深い味わいがあり,代表的な作品としてはバッハの《ブランデンブルク協奏曲》や《フーガの技法》,ヘンデルの《オルガン協奏曲》などがあるが,70年代後半からベートーベンなどの作品もその演目に加えるようになり,交響曲《英雄》(1803‐04)を当時の編成規模で演奏した例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone