コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレ コレColet, Louise

1件 の用語解説(コレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレ
Colet, Louise

[生]1810.8.15. エクスアンプロバンス
[没]1876.3.9. パリ
フランスの女流詩人,小説家。旧姓 Revoil。商人の娘で若い頃からマルセイユ,リヨンなどの新聞に詩を投稿。 1835年詩集『南フランスの花』 Fleurs du Midiでデビューし,その後哲学者 V.クーザンとの関係からアカデミーの賞と年金を受けた。聡明で美貌の彼女はサロンを開き,自伝的小説『彼』 Lui (1859) のなかに登場するミュッセ,フローベールらと深い関係をもつ。特に 46年7月から 55年3月まで続いたフローベールとの関係と,彼の『書簡集』のなかで質量ともに大きな部分を占める彼女あての書簡は,その作品形成に重要な役割を果し,のちの研究の大きな手掛りとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コレの関連キーワード神谷源内植村文楽軒ポワントオクトーバーフェスト川尻浦の久蔵ソユーズ宇宙船佚存叢書エリーゼのために緒方洪庵小野蘭山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレの関連情報