コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロニア・アグリッピネンシス Colonia Agrippinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロニア・アグリッピネンシス
Colonia Agrippinensis

50年ローマ皇帝クラウディウス1世によってその妻アグリッピナ (小) の名を冠して建設された植民市 (コロニア ) 。現ドイツのケルン (語源はコロニア) 。前1世紀からゲルマンのウビ族の根拠地とされていた,ライン川左岸にあり,艦隊,通商の要地としてライン地方の枢要地となり,ガラスなどの産地としても繁栄した。いわゆるオーデコロンの原産地としても名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android