コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロノ コロノ colono

2件 の用語解説(コロノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロノ
コロノ
colono

19世紀後半から 20世紀の前半にかけ,ブラジルアルゼンチンに多くみられた短期契約農民。自作農,開拓農に対して土地のない農業移民をいう。そのほとんどは外国移民で,地主との契約に基づき渡来し,一定期間 (4~5年) 開墾と栽培に従事したのち,みずからも土地所有者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロノ
ころの
colono

本来はラテンアメリカの入植民を意味し、白人入植農民をさすこともある。一般的には、ラテンアメリカの従属度の強い小作農の総称として用いられ、国、地域によってさまざまな名称をもつ。たとえば、エクアドルではワシプンゲロhuasipunguero、ペルーではヤナコーナyanacona、チリではインキリノinquilinoとよばれ、労働地代もしくは生産物地代を納め、アシエンダ(大農場)主である地主に従属し、その追加労働力源ともなっている。またアンデス地域の雇役小作農、ブラジルのコーヒー農場労働者、革命前のキューバサトウキビ農民などに対してもコロノの名称が用いられる。[原田金一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコロノの言及

【アシエンダ】より

… アシエンダの経営は小作地と地主直営地に大別される。前者はさらに地代形態により雇役小作(小作農の名称――コロノ,インキリノ,ワシプンゲーロ),分益小作(ヤナコナ,アパルセロ,メディエロ),賃小作(アレンダタリオ)に区別され,直営地においては農業労働者(ガニャン,ペオン,アフエリノ,ボルンタリオ)が低賃金労働を行う。アシエンダの構成員は,19世紀中葉のメキシコの例でみると,地主の代理である支配人,司祭,管理人,正書記,経理士などのエリート層,人夫頭,書記,教師,番人などの中間職,ペオン,下働き人夫などの農場労働者である。…

【ブラジル】より

…これは合衆国が1924年に排日法を成立させ日本人移民を締め出した結果である。全体の9割はコーヒー農場のコロノcolono(契約労働者)として移住した。95%はブラジルの生活を農業で開始している。…

【ラテン・アメリカ】より

…ブラジルにおいては,セズマリア制は1850年の土地法によって完全に廃止され,さらに88年に奴隷制度も廃止された。この時期に南部のサン・パウロ州に発展したコーヒー生産は,前期においては奴隷労働に依拠する領主経営的大農場(ファゼンダ)で行われていたが,19世紀末からは,移民の導入による請負契約労働者(コロノ)に移行し,20世紀には,内陸フロンティアでは移民による,おもに家族労働に依拠する独立小生産者層と,その分化による大農場の成立をみるようになった。 ラテン・アメリカの大土地所有制ラティフンディオの起源を,19世紀における資本主義の発展期に求める説は,上述の歴史的事実に依拠している。…

※「コロノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロノの関連キーワードイギリス映画ゴシック小説パターソンバルディ家摂関時代ウィーン古典派ダカーポアリアラージプート族京都府与謝郡与謝野町明石大阪府藤井寺市沢田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロノの関連情報