コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロフォーム colloform

2件 の用語解説(コロフォームの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

コロフォーム

堆積岩の組織および構造の項(2.1.2)を参照のこと.

コロフォーム

薄膜が同心球状に集合して形成される鉱物の集合形式で,切断面には同心円状の特徴的な模様が現われる.コロイド状および準コロイド状の物質が開放的な場所で形成されたとされている.この語は形または形状のみに関するもので,物質の条件には関係がなく,核の部分が結晶質でできており,他がすべて非晶質のコロフォルムのものもある.ペティジョンはコロフォルム組織をゲルが凝縮した結果できた堆積岩の組織とし,エドワードはこの語を魚卵石(oolite)のような付着増大した層状構造に用いた[Roders : 1917, Edwards : 1954, Pettijohn : 1975].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロフォームの関連キーワードピソイドドルーサイト構造モルブライト共融組織球状物集合球顆体珪長質球顆体複球状構造球状体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロフォームの関連情報