コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロフォーム colloform

2件 の用語解説(コロフォームの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

コロフォーム

堆積岩の組織および構造の項(2.1.2)を参照のこと.

コロフォーム

薄膜が同心球状に集合して形成される鉱物の集合形式で,切断面には同心円状の特徴的な模様が現われる.コロイド状および準コロイド状の物質が開放的な場所で形成されたとされている.この語は形または形状のみに関するもので,物質の条件には関係がなく,核の部分が結晶質でできており,他がすべて非晶質のコロフォルムのものもある.ペティジョンはコロフォルム組織をゲルが凝縮した結果できた堆積岩の組織とし,エドワードはこの語を魚卵石(oolite)のような付着増大した層状構造に用いた[Roders : 1917, Edwards : 1954, Pettijohn : 1975].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロフォームの関連情報