コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンクリートポンプ concrete pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンクリートポンプ
concrete pump

コンクリートを所定の打設地点まで圧送する装置。一般にはトラックミキサーなどで搬入されたコンクリートを,その荷卸し地点から打込み場所まで水平または垂直に配置された鋼管内を圧送する。圧送機構としてはピストン式,スクイズ式などが代表的なもので,これらをトラックに搭載し移動を簡便にしたものがコンクリートポンプ車である。ポンプの機種により圧送可能な配管長 (圧送距離) ,単位時間内の圧送量など,圧送能力が異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンクリート‐ポンプ(concrete pump)

まだ固まらないコンクリートを、ピストンにより打ち込み場所まで輸送するポンプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンクリートポンプ
こんくりーとぽんぷ
concrete pump

液体をポンプで圧送するのと同様に、練り上がったコンクリートをパイプによって打込み場所まで輸送する機械。日本でコンクリートポンプが本格的に使用されたのは1950年代以降のことである。1965年(昭和40)ごろトラックに架装したコンクリートポンプ車が開発され、急速に普及し、コンクリート工事の主力施工機械として定着している。現在用いられている形式としては、ピストンを油圧などで駆動してコンクリートを圧送するピストン式が一般的である。このほか、コンクリートをゴムチューブに吸い込ませ、これを絞り出す構造のスクイズ方式、可撓(かとう)性の膜を水圧によって動かして圧送するダイヤフラム式なども使われている。これらには種々の仕様、能力のものがあり、用途に応じ選択できる。長距離または高所圧送用では、水平方向1000メートル程度、垂直方向100メートル以上の輸送能力をもつ機種もある。架装形式には、トラック架装のポンプ車、輸送パイプを装置したブームboomを備えたブーム付きポンプ車、および定置式コンクリートポンプなどがある。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンクリートポンプの言及

【建設機械】より

…重力を利用して材料を回転落下させて混合する不傾式ドラムミキサーや可傾式ミキサー,かくはん羽根を用いた強制練りミキサーなどがある。 コンクリートポンプconcrete pump配管されたコンクリート輸送管を用いてコンクリートを機械的に連続圧送する機械。クランク機構や油圧シリンダーによる往復運動でホッパー内のコンクリートを吸入吐出させる。…

※「コンクリートポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンクリートポンプの関連キーワード水中コンクリート極東開発工業IHI建機建設機械

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android