コンゴ国際協会(読み)こんごこくさいきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンゴ国際協会
コンゴこくさいきょうかい
Association Internationale du Congo

ベルギー国王レオポルド2世が設立した傀儡組織。ベルギーによるコンゴ地域の探検を主導し,レオポルド2世とヨーロッパ人投資家らによる支配を確立させた。1878年,当初はコンゴ上流域調査委員会の名称で設立された。1877年にコンゴ川の探検に成功したアメリカ合衆国の探検家ヘンリー・モートン・スタンレーを支援し,1879~82年にレオポルドビル(今日のキンシャサ)をはじめとするコンゴ川流域の数ヵ所に交易所や行政の拠点を設け,地域の族長らと協定を結ぶ交渉を行なった。さらなる探検から 1884年に帰国したスタンレーは,この地域の族長 450人から統治権を協会に譲渡する協定を取りつけており,協会はコンゴ盆地の大部分を統治下に置いた。族長たちはそれぞれ独立していたが,その多くがスタンレーに説得されて支配地を統合していたため,協会は地域全体を一つの独立国として統治する権利を列強諸国に主張した。この主張は,アフリカ分割を列強諸国が話し合った 1884~85年のベルリン会議で,ほぼすべての参加国に認められた。レオポルド2世は新国家の統治者として承認され,コンゴ自由国として建国された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコンゴ国際協会の言及

【アフリカ】より

…彼は,当時すでにアジアに広大な植民地を建設することによって莫大な経済的利益と社会的安定を確保していた隣国オランダに触発されて,アフリカの植民地化に乗り出したのであった。レオポルド2世は1870年代末にコンゴ国際協会を創設し,コンゴ盆地の植民地化を押し進めた。このとき大きな役割を果たしたのがスタンリーであり,彼は80年代初期までにコンゴ川下流地域に道路と40に及ぶ開発基地を建設し,さらにコンゴ各地の首長たちと合計約400に及ぶ保護条約を結んで,これらの地域をコンゴ国際協会の支配下に組みこんだ。…

【コンゴ自由国】より

…ベルギー国王レオポルド2世が私有財産として創設した中部アフリカの植民地(現,コンゴ民主共和国)。19世紀後半ヨーロッパ列強に伍してアフリカ進出を企てたレオポルド2世は,スタンリーをコンゴ川流域に派遣して,現地の首長たちと計400におよぶ保護条約を結び,同地域を彼の私的組織であるコンゴ国際協会(1878創設)の支配下においた。欧米列強はベルリン会議(1884‐85)でコンゴに対するこの協会の主権を認めたので,同協会はコンゴ自由国に改組されて(1885),レオポルド2世はその国王を兼ねるにいたった。…

※「コンゴ国際協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android