コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンサーティーナ concertina

翻訳|concertina

世界大百科事典 第2版の解説

コンサーティーナ【concertina】

小型のアコーディオン。気鳴楽器の一種。手風琴と呼ばれる。イギリス人ホイートストンCharles Wheatstoneが発明し,1829年に特許を取った。六角形で,両手にボタンがあってともに〈押し〉と〈引き〉で別の音を出す。音域は4オクターブ程度。イギリスでは民謡の伴奏に用いられ,これをギターなどと組み合わせて民俗舞踊曲を演奏する若者のグループが今も活動している。【中村 とうよう】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android