コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンサーティーナ concertina

翻訳|concertina

1件 の用語解説(コンサーティーナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンサーティーナ【concertina】

小型のアコーディオン気鳴楽器の一種。手風琴呼ばれるイギリス人ホイートストンCharles Wheatstoneが発明し,1829年に特許を取った。六角形で,両手にボタンがあってともに〈押し〉と〈引き〉で別の音を出す。音域は4オクターブ程度。イギリスでは民謡の伴奏に用いられ,これをギターなどと組み合わせ民俗舞踊曲を演奏する若者のグループが今も活動している。【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンサーティーナの関連キーワードアコーディオンアコーディオンドア気鳴楽器弦鳴楽器バンドネオンアコーディオンプリーツリード楽器アコーディオンカーテンアコーディオン網戸アコーディオンゲート

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンサーティーナの関連情報