コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンティヌス[2世] Constantinus II,Flavius Claudius

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンティヌス[2世]【Constantinus II,Flavius Claudius】

317‐340
ローマ皇帝。在位,副帝317‐337年,正帝337‐340年。コンスタンティヌス1世の第2子だが,おそらく母は妾だったらしい。生後すぐに副帝とされ,337年からは正帝の一人としてブリタニア,ガリア,ヒスパニアを支配。弟コンスタンスと対立し,イタリア,アフリカを領土として要求,イタリアに侵入したが敗れ,〈公敵〉との汚名をうけてアクイレイアで殺された。【松本 宣郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンスタンティヌス[2世]の言及

【コンスタンス】より

…在位,副帝333‐337年,正帝337‐350年。コンスタンティヌス1世の第4子。コンスタンティノポリスでギリシア,ラテンの教育をうけ,父帝死後兄弟と共に正帝としてイタリア,アフリカなどを統治。…

※「コンスタンティヌス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コンスタンティヌス[2世]の関連キーワードマウリヤ朝鈴木啓示コンスタンチヌス2世クリスプスチャンドラグプタマウリヤ朝アガトクレス司馬睿晋(中国の王朝)マケドニア王国