コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンティヌスの寄進状 コンスタンティヌスのきしんじょうDonatio Constantini

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンティヌスのきしんじょう【コンスタンティヌスの寄進状 Donatio Constantini】

中世最大の偽書といわれる文書。作成の事情に関しては異見が多く,ピピン3世の754年のローマ教会への寄進に関連して,または800年のカール大帝の戴冠を正当化するためにローマで作成されたとする説が有力であるが,9世紀前半フランク王国成立説もある。内容は,コンスタンティヌス1世(大帝)が癩病を時のローマ司教シルウェステル1世(在位314‐35)の洗礼によって治癒してもらったことに感謝して,ローマ司教とその後継者がアンティオキアアレクサンドリアコンスタンティノープルエルサレムの四主教座の上に支配権を有すること,またローマ市を含む全イタリア,西方属州,地区および都市をローマ司教の支配にゆだねることを述べており,教皇権の世俗権,皇帝権に対する優越を主張したものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコンスタンティヌスの寄進状の言及

【バラ】より

…39年に完成した《自由意志論》は,近代的理性のあり方を表明した先駆的作品として評価される。また同じころ著した《“コンスタンティヌスの寄進状”の偽作について》は,ローマ教皇の土地領有権の正当性の根拠とされる《コンスタンティヌスの寄進状》が,実は後世の偽作であることを文献学的に実証して,革命的物議をかもした。ほかに多くの文献学的研究があるが,なかでも《ラテン語の優雅さについて》6巻(1444)は古典的言語論として広く名声を得た。…

※「コンスタンティヌスの寄進状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンスタンティヌスの寄進状の関連キーワードシルウェステル[1世]バラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android