コンティンジェンシープラン(読み)こんてぃんじぇんしーぷらん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンティンジェンシープラン

企業に損害を与える「災害」「テロ」などの不測の事態が生じることを事前に想定し、あらかじめ作成しておく対応策や行動手順のこと。コンティンジェンシープランは、リスク発生時の損害の規模にリスクの代償を加味し定められる。具体的には、緊急時の各メンバーの行動指針、マスコミへの対応策、バックアップを利用したシステムの復旧方法から、代替設備、仮オフィスの確保といったものまで含まれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

人事労務用語辞典の解説

コンティンジェンシープラン

コンティンジェンシーとは「偶発性」「不確定性」の意。災害・事件・事故などの不測の事態が企業の事業やプロジェクトの維持・継続に支障を来すことを想定し、その被害・損失を最小限にとどめて業務を速やかに復旧できるように、あらかじめ定めておく対応策や行動手順を「コンティンジェンシープラン」(contingency plan)と呼びます。不測事態対応計画、緊急時対応計画、あるいは危機管理計画などと訳されます。
(2011/4/11掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コンティンジェンシープラン【contingency plan】

偶発事件や不測の事態に対処するための計画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android