コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテンツデリバリ

1件 の用語解説(コンテンツデリバリの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテンツデリバリ

インターネットに公開するコンテンツコピーを地理的に分散させ、接続してきたユーザーをもっとも「近い」コピーにアクセスさせる技術。回線の増強といった物理的なインフラ拡張とは別のアプローチネットワークの混雑を解決できるため、設備投資に悩むコンテンツプロバイダーを中心に注目されている。分散されるコピーは、「エッジ(ネットワークの端)」と呼ばれるキャッシュサーバーに置かれる。エッジサーバーは通常世界中のISPに設置されるが、その数が多ければ多いほど、多数のユーザーに対するネットワーク的な距離を縮めることができる。コンテンツデリバリが最終的に目指す目標は、どのユーザーも自分が契約しているISPにつなぎさえすれば世界中のコンテンツを取得できることである。コンテンツデリバリの中核になるのは、接続ユーザーにとってどのエッジが最短で、かつ効率的かを決定し、コンテンツを実際に配信する技術である。これは、グローバルレベルでサーバーを負荷分散する技術だが、アカマイは「FreeFlow」、デジタルアイランドは「Footprint」という独自技術を有し、それに基づいてサービスを提供している。配信されるコンテンツも、テキストや画像といった静的なものだけでなく、最近では各種ストリーミングメディアの配信にも対応している。さらに、自社ネットワークを持つデジタルアイランドは、データベーストランザクションを利用したコンテンツの配信もサポートする。コンテンツデリバリは、米国に引続き、国内でも徐々にサービスが開始されている。現在のところはデジタルアイランドやアデロが中心だが、クロス・ワンなど国内企業の参入もある。また、キャッシュサーバー大手のインクトゥミや、グローバルでサーバーを負荷分散する製品群を持つF5といった企業もコンテンツデリバリ市場に参入し、裏方としてIDC事業者を支えている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンテンツデリバリの関連情報