コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテンツ コンテンツ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンテンツ

WebサイトやDVD、CD-ROMタイトルに含まれる情報内容のこと。娯楽教養のために創作された内容を指し、小説、ニュース、音楽、ゲーム、映画、地図、天気予報など、あらゆるものやサービスがある。日本のコンテンツ産業は2008年に世界第2位の規模まで発展し、さらなる成長が期待されている。2004年には、コンテンツ産業を活性化するための法律として「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」(略称は「コンテンツ促進法」)が定められた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

コンテンツ

本来は「内容」を意味します。パソコン関連の言葉としては、「データの形で提供される作品」の意味で使われます。パソコン上で利用できる、音楽や映像、データ集といった、人間にとって意味のあるデータのことを指します。アプリケーション・ソフトやゲームのような「ソフトウェア」を含む場合もあります。
⇨アプリケーション・ソフト、データ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディアの解説

コンテンツ

〈形式form〉に対して〈内容content〉を意味する英語。電子メディアの領域でCD-ROMDVD等のパッケージメディアや,CATV宇宙通信等のネットワークメディアを通じて提供される情報や知識という内容そのものを指す。
→関連項目インターネット広告ホームページ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マーケティング用語集の解説

コンテンツ

本来の意味は、書籍等の目次や内容のことを指す言葉ですが、Webサイトにおいてはサイト上で提供される画像、動画、音声、テキストすべてを含む『情報の内容』のことを指します。メールなどを利用して見込み客をサイトに引き込むためには、このコンテンツが重要な意味をなします。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

ホームページ制作用語集の解説

コンテンツ

メディアが記録・伝送し、人間が観賞するひとまとまりの情報(映像・画像・音楽・文章)あるいはそれらの組み合わせを意味する。ホームページの内容、項目などを幅広くとらえた意味。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

コンテンツ【contents】

媒体を介して提供される、教養や娯楽のための情報の内容。映画・音楽・演劇文芸・写真・漫画・アニメーション・コンピューターゲームなど、人間の創造的活動により生み出されるものを指す。◇「情報内容」ともいう。コンピューターやインターネットで利用するためにデジタル化されたコンテンツは、特に「デジタルコンテンツ」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コンテンツ【contents】

(箱などの)中身。
情報の内容。放送やネットワークで提供される動画・音声・テキストなどの情報の内容をいう。
書籍の目次。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンテンツ
こんてんつ
content

本来は、中身、内容、趣旨という意味の英単語であるが、多くはテレビ、インターネットなどで伝達される「情報の内容」という意味で使われる。日本の「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」(コンテンツ振興法)では、「文字、図形、色彩、音声、動作若(も)しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの」で、「人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するもの」と定義されている。具体的には、文芸、写真、映画、音楽、演劇、マンガ、アニメーション、コンピュータゲームなど、さまざまなものが含まれる。
 ハードウェアに対するソフトウェアのように、媒体(メディア)に対する中身を意味する用語として使われることが多い。媒体としては、DVDやCD-ROM、ゲームカートリッジ、インターネットに接続されたパソコンやスマートフォン、テレビやラジオなどの各種放送など、多種多様な形態が考えられるが、それらによって伝えられる実際に求められている創作物をさす。また、コンピュータのソフトウェアに対して、それを使って表現する情報という意味で使われることもある。たとえば、動画を再生するためのアプリケーションがソフトウェアで、再生する作品がコンテンツである。
 コンピュータ関連では、コンピュータで処理されたデジタル情報を意味するため、デジタルコンテンツともよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンテンツの言及

【電子情報の知的所有権】より

…マルチメディア作品は著作権法の中で明確に位置づけられていないが,創作性があれば種々の著作物の混合形態として保護される。ウェブのページ(コンテンツ)も同様である。 プログラムの著作物について,他の種類の著作物と異なる規定がいくつかある。…

※「コンテンツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンテンツの関連キーワードwebコンテンツフィルタリングソフト海老名市立郷土資料館 海老名市温故館小諸市立小諸高原美術館・白鳥映雪館エフワンインタラクティブコンテンツdownload contentsイーブックイニシアティブジャパンコンテンツデリバリーサービスコンテンツターゲティング広告カレントアウェアネスサービス内容に基づくフィルタリング堂崎天主堂キリシタン資料館コンテンツ・スポンサー活動コンテンツデリバリサービス印西市立印旛歴史民俗資料館映像コンテンツ権利処理機構コンテンツ産業振興基本法内容ベースフィルタリングウェブコンテンツJISコンテンツ配信サービス佐賀県立九州陶磁文化館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンテンツの関連情報