コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドロイチン硫酸ナトリウム

2件 の用語解説(コンドロイチン硫酸ナトリウムの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コンドロイチン硫酸ナトリウム

 食品添加物で,保水剤,乳化安定剤として使用する.軟骨などから調製する糖タンパク質で,製品は水溶性の白色粉末.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

コンドロイチン硫酸ナトリウム

薬に含まれる成分のひとつ。関節痛の治療薬や、角膜表層の乾燥を改善する作用から点眼薬などに含有。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンドロイチン硫酸ナトリウムの関連キーワード糊料グリセリン脂肪酸エステル食品添加物公定書着色食品添加物(食品)乳酸鉄ノナラクトン保水剤メチルセルロースリン酸塩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンドロイチン硫酸ナトリウムの関連情報