コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバッション・エンジニアリング コンバッション・エンジニアリングCombustion Engineering, Inc.

1件 の用語解説(コンバッション・エンジニアリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンバッション・エンジニアリング
コンバッション・エンジニアリング
Combustion Engineering, Inc.

アメリカのボイラメーカー。 1914年設立。蒸気機関車のボイラからスタートし,火力・原子力発電用,産業用ボイラの有力メーカーになる。 63年からは多角化に進み,化学,石油精製,製鉄,紙・パルプなどのプラント設計・施工,石油や天然ガスの開発,生産のためのエンジニアリング,建設資材,ガラス耐火煉瓦,鉱物加工処理設備などの製造,石油化学亜硫酸ガス公害防止産業分野にも乗出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンバッション・エンジニアリングの関連キーワードイタリア映画ロッキード事件フランツゼーデルブロム長谷場純孝常陸山谷右衛門バーナーズ広域噴火熱雲湯浅景介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone