コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバッション・エンジニアリング コンバッション・エンジニアリングCombustion Engineering, Inc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンバッション・エンジニアリング
Combustion Engineering, Inc.

アメリカのボイラ・メーカー。 1914年設立。蒸気機関車のボイラからスタートし,火力・原子力発電用,産業用ボイラの有力メーカーになる。 63年からは多角化に進み,化学,石油精製,製鉄,紙・パルプなどのプラント設計・施工,石油や天然ガスの開発,生産のためのエンジニアリング,建設資材,ガラス,耐火煉瓦,鉱物加工処理設備などの製造,石油化学,亜硫酸ガスの公害防止産業分野にも乗出す。 76年以後は油田用機器,海底油田掘削設備の分野へも進出。 83年以降事業再編に取組む。年間売上高約 34.8億ドル,総資産約 25.4億ドル,従業員数約4万 3000名 (1988) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンバッション・エンジニアリングの関連キーワードアセア・ブラウン・ボベリ原発メーカー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android