コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピュータ音楽 コンピュータおんがくcomputer music

翻訳|computer music

1件 の用語解説(コンピュータ音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータ音楽
コンピュータおんがく
computer music

一般には,コンピュータを用いて作曲した作品をいうが,広義には,演奏・音響合成などにコンピュータを用いた音楽をも含め,電子音楽との境界があいまいになってきている。作曲にコンピュータを導入した最初の作品は,アメリカL.A.ヒラーと L.M.アイザクソンが作った『イリアック組曲』 (1957年) といわれる。確率音楽の Y.クセナキスは,1962年以降確率計算にコンピュータを用いており,高橋悠治も同様な方法で作曲している。その後,電子音響機器そのものや音響合成技術が発展し,シンセサイザーなどとコンピュータを接続する場合や,コンピュータに音を直接合成させる方法 (BTLシステム) なども行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンピュータ音楽の関連情報