コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コン・レ コン・レKong Le

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コン・レ
Kong Le

[生]1933
ラオスの軍人。フランスに留学。 1960年8月ラオス王国軍第2降下大隊長 (大尉) のときクーデターを起し,S.プーマ中立政権を樹立。 12月パテト・ラオ軍と合流,61年全国軍事委員会議長,中立政府軍総司令官 (准将) 。中立派軍分裂後 66年タイに亡命。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコン・レの言及

【インドシナ戦争】より

… またラオスでは57年11月,パテト・ラオを含めたプーマ連合政権が成立したが,58年8月,アメリカの支援の下に右派内閣が生まれ,内戦が再開した。60年8月にはコン・レ大尉のクーデタによってプーマ中立内閣が復活したが,右派軍の反撃を受け,ラオスは3派分裂の内戦状況にいたった。 ベトナムに代表される第2次インドシナ戦争は4期に分けられる。…

※「コン・レ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コン・レの関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

コン・レの関連情報