大尉(読み)タイイ

大辞林 第三版の解説

たいい【大尉】

軍隊の階級で、尉官の最上級。少佐の下、中尉の上。 〔旧日本海軍では「だいい」と称した〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐い ‥ヰ【大尉】

〘名〙
太政大臣(だいじょうだいじん)の唐名。
※職原鈔(1340)上「太政大臣一人。〈相当正従一位。唐名大相国。大尉〉」
② 藤原仲麻呂執政下の天平宝字二年(七五八)官名を唐風に改称し、中衛府を鎮国衛と改めた時の、その大将の称。正三位相当官とした。同八年仲麻呂の死とともに官名は旧に復した。
③ 旧軍隊の階級の一つ。尉官の最上位で、少佐の下、中尉の上にあたる。旧海軍では「だいい」と称した。
※建白書(1873)〈山田顕義〉上「歩兵隊の内其最も小なる者を小隊と云、大尉の司令する所の者也」
④ 中国の漢・唐代で三公の一つ。中央政府の武官の長の称。
※海道記(1223頃)菊川より手越「暮風、谷寒し、鶴、鄭大尉が跡に住む」 〔唐六典‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大尉の関連情報