大尉(読み)タイイ

  • たいい ‥ヰ
  • たいい〔ヰ〕

大辞林 第三版の解説

軍隊の階級で、尉官の最上級。少佐の下、中尉の上。 旧日本海軍ではだいいと称した

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 太政大臣(だいじょうだいじん)の唐名。
※職原鈔(1340)上「太政大臣一人。〈相当正従一位。唐名大相国。大尉〉」
② 藤原仲麻呂執政下の天平宝字二年(七五八)官名を唐風に改称し、中衛府を鎮国衛と改めた時の、その大将の称。正三位相当官とした。同八年仲麻呂の死とともに官名は旧に復した。
③ 旧軍隊の階級の一つ。尉官の最上位で、少佐の下、中尉の上にあたる。旧海軍では「だいい」と称した。
※建白書(1873)〈山田顕義〉上「歩兵隊の内其最も小なる者を小隊と云、大尉の司令する所の者也」
④ 中国の漢・唐代で三公の一つ。中央政府の武官の長の称。
※海道記(1223頃)菊川より手越「暮風、谷寒し、鶴、鄭大尉が跡に住む」 〔唐六典‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大尉の関連情報