コ・ひさご(漢字)

普及版 字通「コ・ひさご(漢字)」の解説


11画

[字音]
[字訓] ひさご

[説文解字]

[字形] 形声
声符は夸(こ)。夸に深く(えぐ)り、中が空虚となる意がある。〔説文〕七下に「匏なり」とあり、をいう。〔荘子、逍遥遊〕に「之れを剖(さ)きて以てと爲さば、則ち(こらく)として容るる無し」とある落は、わが国のカラリにあたる擬声語盧(ころ)、天空を廓落(かくらく)というのも、みな同系の語である。

[訓義]
1. ひさご、ふくべ、ひょうたん。
2. 壺と通じ、つぼ、かめ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 ヒサゴ/ ニガヒサゴ 〔立〕 ナリヒサゴ・ヒサゴ

[語系]
・壺haは同声。中空の意がある。koa、科・khuai、果・鍋kuai、窩uaiなどもその語系とみてよい。

[熟語]

[下接語]
・甘・苦・懸・大・盤・肥

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android