コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーエナイト

2件 の用語解説(コーエナイトの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コーエナイト

鉄隕石を構成する微量鉱物の一つ。化学組成は(Fe,Ni)3C。比重7.20〜7.65。不透明金属光沢がある。色はスズ白色。空気中にさらすと黄金色に変色する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーエナイト【cohenite】

鉄隕石を構成する微量鉱物の一つ。化学組成は(Fe,Ni)3Cで,斜方晶系に属し,比重7.20~7.65,モース硬度5.5~6。へき開は{100}{010}{001}に良好。強磁性。不透明,金属光沢をもち,新鮮なものではスズ白色であるが,空気中にさらされると黄鋼~黄金色に変色する。反射多色性。異方性は弱いが明瞭に存在する。鉄隕石中にしばしば産し,Ni7%以上の粗いウィドマンシュテッテン構造を示すオクタヘドライト中に見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone