コースト・オブ・ユートピア

デジタル大辞泉プラスの解説

コースト・オブ・ユートピア

2002年初演のトム・ストッパードによる戯曲。原題《The Coast of Utopia》。帝政ロシアを舞台に、若き思想家や革命家たちの友情と葛藤を描いた作品。三部作。2007年に第61回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android