三部作(読み)サンブサク

百科事典マイペディアの解説

三部作【さんぶさく】

それぞれ独立した性格をもつが,三部にわたって主題が一貫する作品の名称。古代ギリシアの演劇上演で悲劇3編が中心とされたことから起こり,小説,絵画,音楽などでも行われる。アイスキュロスの《オレステイア》,ダンテの《神曲》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんぶさく【三部作】

独立していながら相互に関連し合い、一つのまとまりをなす三つの作品。漱石の「三四郎」「それから」「門」や、「地獄編」「煉獄編」「天国編」より成るダンテの「神曲」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぶ‐さく【三部作】

〘名〙 三つの部分に分かれていながら、内容的に相関連し統一のとれている作品。〔モダン辞典(1930)〕
※文学読本・理論篇(1951)II・現代日本小説〈平野謙〉「田山花袋が『生』以下の三部作を書いたような作家的展開」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三部作の関連情報