三部作(読み)サンブサク

百科事典マイペディアの解説

三部作【さんぶさく】

それぞれ独立した性格をもつが,三部にわたって主題が一貫する作品の名称。古代ギリシアの演劇上演で悲劇3編が中心とされたことから起こり,小説,絵画,音楽などでも行われる。アイスキュロスの《オレステイア》,ダンテの《神曲》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんぶさく【三部作】

独立していながら相互に関連し合い、一つのまとまりをなす三つの作品。漱石の「三四郎」「それから」「門」や、「地獄編」「煉獄編」「天国編」より成るダンテの「神曲」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三部作の関連情報