コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートールド Samuel Courtauld

世界大百科事典 第2版の解説

コートールド【Samuel Courtauld】

1876‐1947
イギリスの実業家で芸術の保護者。代々エセックスで絹織物業を営む家系に生まれる。彼の代には新たに人造絹糸を扱って営業は海外にまで発展した。音楽と美術造詣の深かった妻の影響で,美術の保護者となる。1923年テート・ギャラリーにゴッホの《ひまわり》などを含むフランス印象派,後期印象派の絵画を購入する資金を寄付。その中の何点かと彼個人の収集品は,現在コートールド・インスティチュート・ギャラリーズとして公開されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コートールドの関連キーワードクラーク(T. J. Clark)サミュエル コートールドコートールズ[会社]コートールド美術館ニコール クラウス耳を切った自画像サマセットハウスコートールズゴーギャンウォールマネ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android