コートールド(英語表記)Samuel Courtauld

世界大百科事典 第2版の解説

コートールド【Samuel Courtauld】

1876‐1947
イギリスの実業家で芸術の保護者。代々エセックスで絹織物業を営む家系に生まれる。彼の代には新たに人造絹糸を扱って営業は海外にまで発展した。音楽と美術造詣の深かった妻の影響で,美術の保護者となる。1923年テート・ギャラリーにゴッホの《ひまわり》などを含むフランス印象派,後期印象派の絵画を購入する資金を寄付。その中の何点かと彼個人の収集品は,現在コートールド・インスティチュート・ギャラリーズとして公開されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コートールドの関連情報