人造絹糸(読み)じんぞうけんし

精選版 日本国語大辞典「人造絹糸」の解説

じんぞう‐けんし ジンザウ‥【人造絹糸】

〘名〙 (繭から産する絹糸に対し人工的に製造する模造糸の意で) レーヨンおよびアセテートの長繊維をいう。製造法により、再生繊維糸のビスコース人絹・銅アンモニア人絹、半合成繊維糸のアセテート人絹に分類される。人絹。人絹糸。じんぞうぎぬ。
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)九月一三日「嘗てシャードンネル氏の発明せし人造絹糸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人造絹糸」の解説

じんぞう‐けんし〔ジンザウ‐〕【人造絹糸】

天然の絹糸をまねてつくった化学繊維綿花・木材パルプなどの繊維素を薬品で溶かして加工したレーヨンアセテートの長繊維をいう。人絹。
[類語]羊毛純毛ウールカシミアモヘア木綿綿めん純綿真綿まわたコットンジュート本絹正絹しょうけんシルク化学繊維

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人造絹糸の言及

【人絹】より

…人造絹糸を縮めた呼名で,人工的に作った光沢のある絹糸のような糸という意味でつけられた。長繊維を人絹,短繊維(ステープルファイバー)をスフと呼ぶ。…

※「人造絹糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android