コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コードボール codeball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コードボール
codeball

アメリカで生れた球技。ボールを足で蹴りながら,コースに設けられた 14のホール (直径約 46cm) を回り,ティーからホールまで,できるだけ少い蹴りでホールインする競技。 1920年代末にシカゴの医師 W.コードが,リハビリテーションの一環として考案した。当初はハンドボールにヒントを得て,室内ゲームとして手の代りに足を使うものであったが,運動として激しすぎたため,改めてゴルフに似た屋外コースのゲームとして創案した。使用球は直径 15.24cm,重量 368g。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コード‐ボール(cord ball)

テニスで、打球がネットの上端に触れて相手側のコートに入ること。→ネットイン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コードボールの関連情報