コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーニッシュ コーニッシュ Cornish

翻訳|Cornish

3件 の用語解説(コーニッシュの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コーニッシュ(Cornish)

イギリス産とアジア産のゲーム種を交配して成立した肉用鶏の品種。発育が早く、ブロイラーの生産に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

コーニッシュ

イギリスのロールス・ロイスが1971年から1996年まで製造、販売していた乗用車。2ドアの高級大型クーペ、およびオープンカーシルヴァーシャドウベースに開発された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーニッシュ
こーにっしゅ
Samuel Cornish
(1790ころ―1859)

アメリカで最初の黒人新聞刊行編集者。デラウェア州に自由黒人として生まれ、ニューヨークに移り、最初の黒人プレスビテリアン教会を組織し、牧師となる。1827年J・ラスウォームと共同で黒人による最初の週刊新聞『フリーダムズ・ジャーナル』Freedom's Journalを創刊、黒人識者に意見表明の場を提供した。のち『万人の権利』と改題し、急進的な解放運動紙の性格を付与した。37年からは『週刊主張者』を改題した『カラード・アメリカン』Coloured American紙を41年まで共同編集するなど、奴隷制反対と黒人の地位向上のためにペンをとって活躍した。1830年以降、政治的要求を掲げて盛況を呈していく黒人大会(または集会)運動Negro Convention Movementや奴隷制反対協会にも、組織者、講演者としてかかわった。[古川博巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーニッシュの関連キーワードイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス・バロック管弦楽団エキシージシルヴァーシャドウシルヴァースピリットシルヴァーセラフゼンノロブロイローバー200ロールス・ロイス[会社]

コーニッシュの関連情報