コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーヒー酸

栄養・生化学辞典の解説

コーヒー酸

 C9H8O4 (mw180.16).

 黄色の結晶.コーヒー中にはキナ酸と縮合したクロロゲン酸として存在する.天然には遊離型でも存在するとされるが,多くは抱合体で存在する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

コーヒー酸の関連キーワードエキナシア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android