コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロゲン酸 クロロゲンさん chlorogenic acid

3件 の用語解説(クロロゲン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロロゲン酸
クロロゲンさん
chlorogenic acid

化学式 C16H18O9 。水から結晶させると1/2分子の結晶水を含む無色針状晶として得られる。 110℃で脱水して無水物となり,208℃で溶融する。酸で加水分解するとキナ酸とコーヒー酸 (3,4-ジヒドロキシケイ皮酸) が生成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

クロロゲン酸

 C16H18O9 (mw354.31).

 無色の物質であるが,酸化されやすく,酸化されると褐色の物質となる.植物の代謝産物

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロロゲン酸
くろろげんさん

タンニン系の苦味をもつ物質。コーヒーの実、サツマイモリンゴゴボウなどに含まれる。とくにコーヒーの実の中に多く、低品位のものほどクロロゲン酸含有量が多く、不快な苦味をもつようになる。クロロゲン酸は、空気中の酸素により酸化しやすく、出しておいたコーヒーを長時間放置すると、クロロゲン酸の酸化によって、不快な味になりやすい。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロロゲン酸の関連キーワード過塩素酸カリウム硝酸マンガン水酸化アンモニウム結晶化学酒石英グルコース一水和物結晶作用化学式量硝酸カドミウムリン酸カリウム(燐酸カリウム)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロロゲン酸の関連情報